今日の野鳥…賑やかになってきたフィールド

10月に撮影した野鳥

2~3日前まではあちらこちらで聞こえていたキビタキの鳴き声、今日はほんの数箇所でしか聞こえてきませんでした。

コサメビタキのポイントでもほぼ毎回出てきてくれたコサメビタキが姿を見せず代わりにジョウビタキがいました。

名残惜しい夏鳥もいよいよフィールドを去り、代わりに冬鳥が主役になろうとしているようです。


例によって、カワセミのポイントでバーダーのOGさんとM嬢がファインダを覗いている現場に到着。

幼鳥がロープに止まっていました。

証拠写真しか撮れない状況ですがどうしたものかと思っているとカワセミが水に飛び込み小魚を獲りました。

今日の野鳥撮影はここから始まりました。

スポンサーリンク

カワセミ

いつものカワセミではなく、最近時々姿を見せる幼鳥でしょうね。色からするとかなり幼いですね。

木々の隙間からパチリ。

帰りにも出てきてくれました。

やはり光が当たると綺麗ですね。

ジョウビタキ(冬鳥)

ハゼの実を食べた後、種を吐き出すところです。

珍しいシーンが撮れました。何のためか尾羽を広げてくれました。そこに片足を当てているんですよね…。

尾羽を少し持ち上げたこの姿をお気に入りです。Cool!

お口の中も橙色です。

残念ながらキャッチライトは入りませんでした。黒い部分が黒ぐろとして綺麗な個体のように思います。

次からは、コース奥の最近ではコサメビタキのポイントで出会ったジョウビタキです。

人がほとんどこないポイントなので人馴れしていないはずなのにサービス精神旺盛で何度も姿を見せてくれました。

フレンドリーな個体なのでしょうね。今後に期待です。(^^)

アトリ(冬鳥)

ジョウビタキを撮影していた場所でアトリを発見!

ブッシュの中にいました。最近この辺りでよく見かける数羽の群れだと思います。

それにしても今季はアトリの当たり年です。こんなにアトリに出会うのは少なくともこの5年間で初めてです。


こんにちは、という感じですかね。(^^)

アップ気味の写真は自然の造形美をぜひともお楽しみください。

少し前までオオルリのポイントだったところは、毎年アトリのポイントでもあります。今季も何回かここでアトリに出会いました。

今日は数羽だけが見えていたのですが、何に驚いたのか林の地面からまっすぐ上に概算で30~40羽ほどが松の木の上の方まで飛び上がり、私のほうが驚きました。

暗い場所なのですが俯瞰的に撮影できたのがよかったです。

リュウキュウサンショウクイ

思いがけなく思いがけないところでリュウキュウサンショウクイに出会いました。今回も混群に混じっていました。

エナガ

コサメビタキのポイントでエナガの群れに出会いました。混群ではなかったようです。

あとがき

今日は全体的には比較的近くで撮影することができました。ラッキーデーだったと言えるでしょう。

そのためだったのか、今月1日から撮影を再開してから一番たくさん撮りました。

600枚を超えていたので選別が大変でした。嬉しい悲鳴というところでしょうね。

ほとんど収穫のない日もあるので、たまにはこういう日もないと…。

今日の出会いに感謝です。

タイトルとURLをコピーしました