今日の野鳥…ジョウビタキのJoe君

11月に撮影した野鳥

今日、水曜日は時間を気にせずに心ゆくまでバードウォッチングができる日です。(というか、そういう日にしています)

期待しながら歩き始めましたが、シャッターを押す機会もないほど静かな展開となりました。

しかし、フレンドリーなジョウビタキのオスのポイントに来ると、やはり会えました。しかも、昨日と同じくらい至近距離で!

今日の撮影はここから始まりました。

このオスは右眼に大怪我をしています。そのことに8日に気が付きました。以来気になっていて、元気な姿を確認できるとホッとします。

この特別フレンドリーなオスをJOEと名付けました。今日からJoe君と呼ぶことにします。(^^)

スポンサーリンク

ジョウビタキ

今日はこのJoe君を往路で昔乙女のM嬢とH嬢と三人で観察&撮影しました。

今日もかなり長い時間撮影させて貰いました。切りがないので我々の方から切り上がるほどです。なんという贅沢でしょう!

昔乙女の今も美人(←のど飴のお礼)さんたちはここから引き返し、ここからは私一人で奥まで行きます。

10月29日に目撃したジョウビタキ4羽による縄張り争いのポイントにやってきました。今注目のポイントです。

今日もやっていました、バトル。確認できたのはメス3羽とオス1羽。

主にメス同士がバトルを繰り広げていました。

バトルの合間にお食事タイム。落ちていたハゼの実を数個食べました。

この草むらでウグイス、ホオジロ、今季初見のアオジにも会えました。

いつものことですが、バトルはスピードが速くて撮れませんでした。時間を使った割には写真という収穫は少なかったですが、観察という点では楽しませてもらいました。

再びJoe君のポイントに戻ってきました。

このJoe君、右眼だけでなく、左脇上も怪我をしているようです。羽毛が抜けているように見えます。

今季初見のアオジ

秋彩

あとがき

結局、今日のバードウォッチングはほとんどジョウビタキの観察会の様でした。

その分、ジョウビタキとは濃い時間を過ごすことができました。

「足るを知る」

をモットーとしているので、他の鳥さんはほとんど撮れなくても充分満足です。

次はどんな出会いがあるのでしょう。期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました