シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬に見られる野鳥のカレンダー壁紙16点(2019年1月)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

探鳥フィールドで冬に見られる愛らしい野鳥が主人公の2019年1月の「高画質&高解像度カレンダー壁紙」の紹介です。

主に地元の公園(滝の宮公園@愛媛県新居浜市)で、冬季に見られる冬鳥・漂鳥・留鳥をモデルにしたカレンダー壁紙を制作し無料配布中です。

これらのカレンダー壁紙は、当ブログの母体であるリニューアル中の「野鳥の写真館」からのプレゼントです。

野鳥ファンの方にご利用いただければ制作者冥利に尽きます。m(._.)m

サイズはアスペクト比[16:9]の【1920×1080】ピクセルで作っていますが、同じアスペクト比の【1600×900】サイズと【1366×768】サイズにも”縮小表示”させてご利用いただけます。

逆に、【2560×1440】に拡大表示させても高画質で制作しているので、多少解像度の低下は当然ありますが、事実上大きな問題なくご利用いただけるのではないかと思います。(私自身もそのような使い方をしています。)

無料ですので、お気に入りの一枚がございましたら、ダウンロードしてデスクトップ上でしばらくの間でも観賞していただければ幸いです。

野鳥以外のネイチャーフォトをモチーフにしたカレンダー壁紙を希望される方のためにこのページの下にリンクを張ってあります。

2019年1月の「野鳥」カレンダー壁紙の紹介

今月は2018年12月に撮影した冬に見られる小鳥を中心に計16点選びました。

サンプル画像をクリックすると、原寸大に表示されます。(しかし、ほとんどのブラウザでは、そのままでは「右クリックから保存」は選択できないと思います。)

保存するには、サンプル画像直下のテキスト「Download」を右クリックして行ってください。


カワラヒワ ◎全長15cm ☆漂鳥 ☆雌雄異色

★ダウンロードするには「Download」をクリック

エナガ ◎全長14cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄異色

★ダウンロードするには「Download」をクリック

リュウキュウサンショウクイ ◎全長20cm ☆冬鳥 ☆雌雄ほぼ同色

私のフィールドでは、エナガを中心とした混群に出会うとその中に1~数羽のリュウキュウサンショウクイが混じっていることがあります。単独で現れるよりも混群と一緒にいることの方がはるかに確率が高いです。

したがって、冬季に混群に出くわしたらリュウキュウサンショウクイがいないか注意しています。

★ダウンロードするには「Download」をクリック

ゴジュウカラ ◎全長14cm ☆留鳥 ☆雌雄ほぼ同色

私のフィールドでは、4年目にして初めて観察しました。寒くなってきたので山の方から移動してきたのではないかと推測しています。

★ダウンロードするには「Download」をクリック


★ダウンロードするには「Download」をクリック

アオジ ◎全長16cm ☆冬鳥 ☆雌雄異色

★ダウンロードするには「Download」をクリック

カワセミ ◎全長17cm ☆留鳥 ☆雌雄ほぼ同色

12月の最大の収穫は、カワセミを2018年で一番の至近距離で撮影できたことです。概ね、3~10mの範囲内で1時間ほど撮影できました。1時間も連続して撮影できたのはバードウォッチング歴4年目にして初めてです。

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

紅い実があったので、紅い実のところに行ってくれと念じていたら最後の最後になんとか紅い実と一緒に写せるところに止まってくれました。

★ダウンロードするには「Download」をクリック

メジロ ◎全長12cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄ほぼ同色

いつもは忙しなく動き回るメジロですが、この個体だけこの枝のこの場所に3分ほどじっと止まったままでした。今までに無い観察経験でした。

★ダウンロードするには「Download」をクリック

ジョウビタキ ◎全長14cm ☆冬鳥 ☆雌雄異色

今季は雌の方が圧倒的に多く、今のところ雄を撮影する機会はほとんどありません。また、例年のポイントに明らかに定住したはずなのに姿をなかなか見せないポイントが複数あります。なんとなくいつもの年とは違うような気がしています。

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

カルガモ ◎全長60cm ☆冬鳥 ☆雌雄ほぼ同色

バードウォッチングの対象としているのは普段は「小鳥」なのですが、水鳥ファンの人たちに情報提供するために観察はしています。

今季初めて「翼鏡」の存在に気が付き、翼鏡が見えているときは積極的に撮影するようになりました。

★ダウンロードするには「Download」をクリック

野鳥以外のネイチャーフォト壁紙カレンダーは?

◎無料ワイド高画質壁紙館

アスペクト比[16:9]に特化した壁紙サイトです。

◎ネイチャーフォト壁紙館

カレンダー壁紙館では,ネイチャーフォト(一般の自然・風景や花の写真)、尾瀬の写真、山岳写真、星景写真などの壁紙に3ヶ月のカレンダーを付けて無料提供中。サイズは、【1280×1024】とワイドモニタ用の【1920x1080】の2種類

ネイチャーフォト壁紙館のカレンダー壁紙コーナーは、2018年9月から私家版のカレンダー壁紙ポータルサイトとして、複数のサイトの壁紙から4点ずつ選んだ作品をカレンダー壁紙にして展示することにしました。

ウィドウズの設定で壁紙をオートで切り替える

スライドショーの機能を利用します。

壁紙の利用方法として、作業をする時の背景画像としてもスクリーンセーバーとしても、表示させたい壁紙を1つのフォルダに保存して、ウィンドウズの設定でそのフォルダを指定すると自動で壁紙あるいはスクリーンセーバーを変更してくれます。

一度試してみてください。お勧めです。(^^)v

野鳥写真を”壁紙”で観賞する方法を推薦

じっくりと野鳥を観賞するには、一般的なデジタル写真集ではなくデスクトップ壁紙の方が適していると考えています。

理由は下記の通りです。

1.一般的なデジタル「写真集」では、どうしても観賞サイズが小さくなってしまいます。

2.代わりに、モニターの壁紙に設定することで等倍観賞が可能になります。

3.壁紙を任意の時間で自動で入れ替える設定にすれば飽きることもありません。

壁紙で観賞する””はこの『等倍観賞』にあり

細かな羽根の模様や並び方、体色の色合いやグラデーションはもちろんのこと、アップで撮影できたときは野鳥の瞳に映っている景色まで分かることがあります。

最近は高解像度のモニターを利用されている人が増えていると思いますが、私が利用している主モニターの解像度は【2560×1440】で、副モニターは【1920×1200】です。

このくらいの解像度になると、野鳥のアップの写真を鑑賞すると「自然の造形美」に感動することもしばしばです。

このような感動を共有していただきたく、「野鳥の壁紙館」では最高で【2560×1440】サイズまで掲載しています。

お気に入りの野鳥写真が見つかりましたら、ぜひダウンロードしてモニター上に壁紙として設定して愛でてやってください。

このような鑑賞方法を考慮して、写真集代わりに壁紙作品で提供させていただいております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする