シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏鳥キビタキなどの愛らしい野鳥カレンダー壁紙( 2018年6月)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月の野鳥を主人公にした「高画質写真カレンダー壁紙」の紹介です。

夏鳥のキビタキを中心にまとめました。キビタキ以外の夏鳥ではオオルリやコサメビタキもいます。

探鳥ウォーキングのフィールドにしている市内の公園で5月に観察・撮影した可愛らしい夏鳥や留鳥・漂鳥たちの「6月のカレンダー(2ヶ月タイプ)」を制作いたしました。

当フォトブログ「野鳥の写真館”一期一会”」からのプレゼントです。

野鳥ファンの方にご利用いただければ制作者冥利に尽きます。m(._.)m

サイズはアスペクト比[16:9]の【1920×1080】ピクセルで作っていますが、同じアスペクト比の【1600×900】サイズと【1366×768】サイズにも”縮小表示”させてご利用いただけます。

逆に、【2560×1440】に拡大表示させても高画質で制作していますから事実上問題なくご利用いただけると思います。

無料ですので、お気に入りの一枚がございましたら、ダウンロードしてデスクトップ上でしばらくの間でも観賞していただければ幸いです。

野鳥以外のネイチャーフォトをモチーフにしたカレンダー壁紙を希望される方のために「↓」にリンクを張ってあります。

2018年6月の「野鳥」カレンダー壁紙の紹介

野鳥の撮影にあたっては常に”季節感”を意識しています。

若々しい新緑が少しずつ色濃くなり夏の深緑に近づこうとしています。

この時期は必然的にこのような季節感が表現されることになりますが、その雰囲気を少しでもデスクトップ上で味わっていただければ幸いです。


サンプル画像をクリックすると、原寸大に表示されます。(しかし、ほとんどのブラウザでは、そのままでは「右クリックから保存」は選択できないと思います。)

保存するには、サンプル画像直下のテキスト「Download」を右クリックして行ってください。


今月は種類でまとめました。

キビタキ:夏鳥

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

★ダウンロードするには「Download」をクリック

野鳥以外のネイチャーフォト壁紙カレンダーは?

◎無料ワイド高画質壁紙館

◎高画質デスクトップ壁紙館-写遊好日

◎ネイチャーフォト壁紙館

カレンダー壁紙館では,ネイチャーフォト(一般の自然・風景や花の写真)、尾瀬の写真、山岳写真、星景写真などの壁紙に3ヶ月のカレンダーを付けて無料提供中。サイズは、【1280×1024】とワイドモニタ用の【1920x1080】の2種類

◎尾瀬の自然

遙かな尾瀬の自然(風景と花)をテーマにした無料の今月のカレンダー付き高画質デスクトップ壁紙の展示コーナー。尾瀬の四季折々の美しい風景と花を十分に観賞して頂けるように高品質&高解像度の“壁紙作品”を目指して制作しています。

ウィドウズの設定で壁紙をオートで切り替える

「スライドショー」の機能を利用します。

壁紙の利用方法として、作業をする時の背景画像としてもスクリーンセーバーとしても、表示させたい壁紙を1つのフォルダに保存して、ウィンドウズの設定でそのフォルダを指定すると自動で壁紙あるいはスクリーンセーバーを変更してくれます。

一度試してみてください。お勧めです。

野鳥写真を”壁紙”で観賞する方法を推薦

じっくりと野鳥を観賞するには、一般的なデジタル写真集ではなくデスクトップ壁紙の方が適していると考えています。

理由は下記の通りです。

1.一般的なデジタル「写真集」では、どうしても観賞サイズが小さくなってしまいます。

2.代わりに、モニターの壁紙に設定することで等倍観賞が可能になります。

3.壁紙を任意の時間で自動で入れ替える設定にすれば飽きることもありません。

細かな羽根の模様や並び方、体色の色合いやグラデーションはもちろんのこと、アップで撮影できたときは野鳥の瞳に映っている景色まで分かることがあります。

最近は高解像度のモニターを利用されている人が増えていると思いますが、私が利用している主モニターの解像度は【2560×1440】で、副モニターは【1920×1200】です。

このくらいの解像度になると、野鳥のアップの写真を鑑賞すると「自然の造形美」に感動することもしばしばです。

このような感動を共有していただきたく、「野鳥の壁紙館」では最高で【2560×1440】サイズまで掲載しています。

お気に入りの野鳥写真が見つかりましたら、ぜひダウンロードしてモニター上に壁紙として設定して愛でてやってください。

このような鑑賞方法を考慮して、写真集代わりに壁紙作品で提供させていただいております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 西倉美紗子 より:

    早速(YouTube)で聞いてみました。
    オオルリはやはりかん高く美しい声ですね。  おっしゃる通りキビタキもよく似た感じ・・・ヤマガラは何となくわかってきました。
    YouTubewでこんな風に聞けるなんて・・・・アドバイス有難うございます。
    これからは耳からの勉強にも励んでみます。

  2. Y. Kondoh より:

    > 大平山で鳴いてたら気づくのではないかと期待しています。
    オオルリ見られて良かったですね。鳴き声は一度経験すると判断しやすくなりますね。こちらでは先日、メボソムシクイの鳴き声を初めて確認しました。一度それと分かると次の日もきっちり気が付きました。

    オオルリの鳴き声はキビタキの鳴き声と似て聞こえるようにも思いますが、どちらも透明感があって美しいです。

    興味のある小鳥さんをネット(YouTube)で検索して鳴き声を何度か聞いておくのも役に立つと思います。

  3. 西倉美紗子 より:

    九州と四国が梅雨入りし、こちらも来週あたりから雨模様になるのでは・・・・
    そんな中、最初の予定23日は雨で中止になったものの、順延となった28日は怪しい空模様ながら初めての由加山「蛍游の里」に行って来ました。
    倉敷市環境学習センター主催の行事で、19日の下見ではアオゲラやオオルリを観る事が出来たとの事だったので期待して・・・・・
    前半はモズやホオジロそれにウグイスを望遠鏡で覗かせてもらい、オオルリは「鳴いてます・・鳴いてます」といわれるもののピンと来ない状態でしたが、何と終了間際に電柱のてっぺんで囀り続けてるオオルリを発見!私も自分の双眼鏡でとらえる事が出来感激しました。  近くだったので囀りの声も大きく、今度大平山で鳴いてたら気づくのではないかと期待しています。
    溜川公園ではこの所毎週「オオヨシキリ」が囀り、口の中の紅色を披露してくれてます。
    今日は、学習センター主催の「環境フェスティバル」の一環で「シジュウガラ」のブローチ作りに参加、こちらも楽しめました。
    壁紙は今日から「キビタキ」を拝借してます。
    この夏は何としても、自分で大平山の「キビタキ」を捉えたいものですが・・・・
    「ヤマガラ」は桜の木の中を飛び交う姿、今年になって数回双眼鏡で観れました。
    梅雨に入ったら、しばらくは残念な日がつづきそうですね。
    それでも、ウオーキングの途中で早くも「アケビ」の実を発見したり、山に入ると楽しみは尽きません。