シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の野鳥-まだ見られる夏鳥、キビタキとメソボムシクイ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日(10月22日)は楽しい探鳥ウォーキングができました。

標高100mほどの高さの公園内の尾根筋のコースでは特に収穫は無かったものの、尾根に出るまでの途中で往路も復路も素敵な出会いがありました。

数ヶ月ぶりにワクワクしながら撮影したような気分です。

実は、同じようなことを10月7日にも書いたのですが、種類は前回の方が多く、じっくり撮影できたという意味では今回の方が充実感があります。

今日(10月7日)はとても楽しい観察を数ヶ月ぶりにできました。 旅鳥のエゾビタキも複数羽、お気に入りの場所に定着した様子だし、渡り期に...

今日出会った野鳥たち

ホオジロ(♀)

起点となる池のすぐそばの空間でほんの数日前からホオジロの姿を見るようになりました。今日も期待通りいました。

もっと上のコースにはかなり前から群れでいますが、人の行き来が目立つ空間に現れるのはこれからです。

多くの場合、このアングルで撮ると眼にピントを合わせるのが難しく、ピントが甘くなるのですが、今日はそこそこ上手くいきましたので、横顔ではなく正面顔に近いこの写真をアップしておきます。

☆ホオジロの写真集

メボソムシクイ

メボソムシクイは葉と葉の間にいることが多いので、撮影条件としては枝かぶれと葉かぶれをする確率が高い上に、そういう場所は普通は薄暗いので感度を上げる必要があり、緑色の色かぶれまで発生しやすく、撮影には厳しい条件です。

今日は辛抱強く待っているといつもよりは写しやすいところに何度か出てきてくれました。

☆メボソムシクイの写真集

☆メボソムシクイのバードウォッチング情報

☆メボソムシクイのPC用壁紙集

キビタキ(♂)

上のメボソムシクイを撮影した空間に、鳴き声で確認できたキビタキが3羽(せいぜい20mほどの範囲内)いて、そこから数十メートル離れたところ2箇所からキビタキの鳴き声が聞こえていました。

サッカーコートほどの空間に計5羽いたことになります。このような経験は初めてです。

渡りの途中で立ち寄ったファミリーなのでしょうか。


撮影できたキビタキは別のポイントにいた個体です。同じモミジの樹の中にメボソムシクイとメジロ、ヤマガラが樹の外側にいました。

このモミジは崖側の1段低いところにあり、この樹に野鳥がいると目線あるいは俯瞰的に撮影できるので、お気に入りのポイントです。

今日はこの樹の前まで来た時に、この雄のキビタキが山側の樹から移ってきてくれたのでとてもラッキーでした。

腰の黄色の部分が、ほとんど橙色に見えます。羽も若鳥を思わせる褐色の部分はまったく無く完全に成鳥ですね。

☆キビタキの写真集

☆キビタキのバードウォッチング情報

☆キビタキのPC用壁紙集

シジュウカラ(♂)

小規模ながらシジュウカラを中心とした混群に出会いました。ヤマガラ、コゲラ、メジロに加えて上の個体とは違うメボソムシクイも混じっていました。

☆シジュウカラの写真集

コゲラ

コゲラが一番近くに来てくれました。ただ、忙しなく動くのでシャッターチャンスを逃すこともしばしばです。

今日も紅葉をバックに写せそうだったのに失敗してしまいました。

☆コゲラの写真集

☆コゲラのバードウォッチング情報

☆コゲラのPC用壁紙集

他の小鳥

上記以外にも数種の鳥を観察しました。

モズが高鳴きをしていました。

ヤマガラ、メジロも撮影しましたが、アップできるほどの写真は撮れませんでした。

水 鳥

マガモの雄が1羽来ていたのですが、今日は見られませんでした。近くの川にでもいるのか、それとももっと環境のよいところに移ったのか…。

カルガモ

数日前から1羽だけ来ています。

カイツブリ

今季初めて姿を見せました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする