冬の林を彩る「今週の野鳥たち」-2019年1月-No.2

今週の野鳥

冬季に見られる漂鳥のルリビタキや冬鳥のジョウビタキやアオジなど、そして通年姿を見せてくれる留鳥のウグイス、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラなどを観察し撮影した中から精選した”今週の野鳥たち”を紹介します。探鳥フィールドは、標高差100mほどの丘陵地を含む市内の公園(滝の宮公園)です。

今回の「今週の野鳥たち」は、1月13日~19日の間に撮影した作品を掲載します。

また、「今週の野鳥|Bird of the Week」はこのウグイスを選出しました。

いつも忙しなく動くのでしっかりと解像した写真を撮るのが難しいのですが、好天のおかげもありかなり精緻な描写が得られました。ぜひ等倍に拡大してご覧ください。
スポンサーリンク

今週の野鳥たち

野鳥の撮影では、目にピントが合っていてキャッチライトが入っていることが理想ですが、最近はそれに加えて「精緻な描写(精密描写)」を心掛けています。

「今週の野鳥たち」に選んだ作品の全てというわけではありませんが、精密描写ができたショットを優先的に選んで掲載しています。

ぜひ「等倍」に拡大して自然の造形美をご覧ください。サイズは長辺を1600ピクセルで統一しています。

ルリビタキ ◎全長14cm ☆漂鳥 ☆雌雄異色

今季は個体数が少なく、昨季のような頻度では出会えませんので貴重なショットになるかもしれません。

この個体は瑠璃色の状態がとても美しい成鳥だと思います。せっかく美しい個体に出会えたのに、残念ながらピントが少々甘くなってしまいました。


ルリビタキをさらに知る・見る・楽しむ

ルリビタキに関する詳細なバードウォッチング情報写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

アオジ ◎全長16cm ☆冬鳥 ☆雌雄異色

驚くほど至近距離で撮影できました。口に何か咥えていますが、もしかするとペレットを吐き出そうとしているのかもしれません。

アオジをさらに知る・見る・楽しむ

アオジに関する詳細なバードウォッチング情報写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

エナガ ◎全長14cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄同色

頭部を高速で回転させるエナガ
野鳥の撮影をしていると時折このような”鳥ドリル”が結果的に撮影できることがあります。小鳥はこれほど体の一部を高速で動かすことがあるのだと実感できるショットです。

エナガをさらに知る・見る・楽しむ

エナガ に関する詳細なバードウォッチング情報写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

シジュウカラ ◎全長15cm ☆留鳥 ☆雌雄ほぼ同色

シジュウカラをさらに知る・見る・楽しむ

シジュウカラに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

ジョウビタキ ◎全長14cm ☆冬鳥 ☆雌雄異色

雌雄で別種かと思うほど異なりますが、翼の白い紋が共通しています。
この実は何でしょうか?
私の機材ではこれ以上望めない精緻な描写ができました。
これもかなり精緻な描写ができていると思います。

ジョウビタキをさらに知る・見る・楽しむ

ジョウビタキに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

ヤマガラ ◎全長14cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄同色

ヤマガラをさらに知る・見る・楽しむ

ヤマガラに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

カワラヒワ ◎全長15cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄同色

カワラヒワをさらに知る・見る・楽しむ

カワラヒワに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

ウグイス ◎全長14cm♀|16cm♂ ☆留鳥 ☆雌雄同色

冬季は地鳴きはフィールドのあちらこちらで聞かれるもののその姿を見ることはあまりありません。しかし、天気のよい日は日向ぼっこをするためか短い時間ですが観察の機会に恵まれることがあります。

今週は、好天の日には必ずその姿を見ることができました。特に朝から快晴だった19日は、何回かしかも長時間現れてくれて撮影することができました。

ウグイスをさらに知る・見る・楽しむ

ウグイスに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

モズ ◎全長20cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄異色

モズをさらに知る・見る・楽しむ

モズの写真集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

カワセミ ◎全長17cm ☆留鳥 ☆雌雄ほぼ同色

木陰でしたが至近距離で撮影することができました。光が直接あたっていないので発色が悪いのが残念でした。(発色は現像段階である程度補正しました。)

カワセミをさらに知る・見る・楽しむ

カワセミに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

水鳥 ホシハジロ(♂)

主に小鳥の観察と撮影を行っているのですが、冬季は水鳥の類も種や個体数の確認を行うついでに写欲が湧けば撮影を行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました