シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春の林を謳歌する「今週の野鳥たち」-2019年4月-No.1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月第1回目の「今週の野鳥たち」は、3月31日~4月6日の1週間に撮影した野鳥たちを掲載します。

今週は繁殖期を迎えて活発に行動するカワセミの姿が池の対岸から見られるので積極的に時間を割きました。

そして、この1週間で桜がちょうど公園内の各所で満開前後の見頃となりましたので、「桜と野鳥」もテーマにして望みました。

陽光桜は残念ながら事実上終わってしまったので、狙っていた「陽光桜とヤマガラ」のショットは来年の宿題となりました。

☆今週のハイライト…カワセミの三角関係バトル

ペアになったはずのカワセミに割り込んだカワセミは…。

今週の野鳥たち(あいうえお順)

元サイズは原則として長辺を1600ピクセルで統一しています。

「今週の野鳥たち」に選んだ写真は第一義的には「記録」として、第二義的には「作品」という意味で掲載しています。

野鳥の撮影では、目にピントが合っているだけでなく、さらに瞳にキャッチライトが入っていることが理想です。最近はこれに加えて「精緻な描写(精密描写)」を心掛けています。

したがって、掲載写真の全てというわけではありませんが、キャッチライトが入り精密描写ができたショットを優先的に選んで掲載しています。

もちろん中には、観察写真、証拠写真として掲載しているものもありますが、アップやアップ気味の写真は精緻な描写ができている場合が多いので、そのような写真はぜひ「等倍」に拡大して自然の造形美をご覧ください。

ウグイス ◎全長14cm|16cm ☆留鳥 ☆雌雄同色

撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月2日
撮影日:2019年4月4日
撮影日:2019年4月4日

咲き始めた枝垂れ桜になにか野鳥が来てくれることを願って狙い始めて4日後にようやくウグイスが来てくれました。

撮影日:2019年4月4日
撮影日:2019年4月4日
撮影日:2019年4月4日
撮影日:2019年4月4日

ウグイスをさらに知る・見る・楽しむ

ウグイスに関する詳細なバードウォッチング情報写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

エナガ ◎全長14cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄同色

尾羽が曲がっているのは抱卵をしている証拠です。繁殖期に見られます。

撮影日:2019年4月2日

エナガをさらに知る・見る・楽しむ

エナガに関する詳細なバードウォッチング情報写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

カワセミ ◎全長17cm ☆留鳥 ☆雌雄ほぼ同色

恋のバトルは、3月31日の午前中から数時間にわたって続いたようです。私が観察できたのは1時間足らずですが、その間にも激しいバトルが繰り広げられました。そのバトルの主役は2羽のなんと!なんと!「メス」だったのです。

撮影日:2019年3月31日
これが本来のカップル
撮影日:2019年3月31日
右奥が侵入者のメス、左下がカップルのメス
撮影日:2019年3月31日
オス、”我関せず”然とした様子でした
撮影日:2019年3月31日
侵入者のメス
撮影日:2019年3月31日
侵入者のメスがもっぱら追いかけます。気が強そうです。
撮影日:2019年3月31日
逃げる本妻のメス
撮影日:2019年3月31日
逃げる本妻のメス

このバトルはこの日で決着がついたようで、次の日には元のカップルがいつものように並んでいました。

撮影日:2019年4月1日

ここからは飛び込みの連続シーンです。

撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日

林の中の道から狙うとほとんど撮影させてくれなかったメスがようやくチャンスをくれるようになりました。少し環境に慣れてきたようです。

撮影日:2019年4月2日
撮影日:2019年4月2日
撮影日:2019年4月2日
撮影日:2019年4月2日
撮影日:2019年4月2日
撮影日:2019年4月3日

飛翔や飛び込みシーンに挑戦中です。環境的に高感度設定になる場合が多いのでノイズが目立ってくるのが悩みです。

撮影日:2019年4月3日
撮影日:2019年4月3日
撮影日:2019年4月3日
木漏れ日があたっています。
撮影日:2019年4月3日
撮影日:2019年4月4日
ペリッとを吐き出そうとしています。
撮影日:2019年4月4日
給餌のシーンですが、交尾には至りませんでした。
撮影日:2019年4月4日
おねだりの様子です。
撮影日:2019年4月4日

5日はカワセミだけ狙いました。”出待ち”です。現場に到着する15分前に交尾が行われたと他の観察者から教えられました。

飛び出しシーンが主な狙いです。

撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
給餌用の餌を咥えています。
撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
再び餌を獲りに行くようです。
撮影日:2019年4月5日
最近(繁殖期開始以降)ではなかったことですが、驚くほど近くまで来てくれました。
撮影日:2019年4月5日

上の状態から、突然飛び込みカワエビでしょうか、見事に獲りました。

撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
撮影日:2019年4月5日
ISO3200の厳しい条件です。林の中から撮影すると概ねこのような条件になります。
撮影日:2019年4月5日

カワセミをさらに知る・見る・楽しむ

カワセミに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

カワラヒワ ◎全長15cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄同色

撮影日:2019年4月1日

カワラヒワをさらに知る・見る・楽しむ

カワラヒワに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

コゲラ  ◎全長15cm ☆留鳥 ☆雌雄ほぼ同色

撮影日:2019年4月2日
頭に赤い羽根が見られるのでオスです。
撮影日:2019年4月2日
こちらもオスです。

シジュウカラ ◎全長15cm ☆留鳥 ☆雌雄ほぼ同色

終わりかけた陽光桜の下にヤマガラではなくシジュウカラが来てくれました。

撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月2日
撮影日:2019年4月2日
撮影日:2019年4月2日

すぐ横にソメイヨシノが咲いているのですが、そちらには止まりませんでした。残念でした。

撮影日:2019年4月3日
撮影日:2019年4月3日

シジュウカラをさらに知る・見る・楽しむ

シジュウカラに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

シロハラ ◎全長25cm ☆冬鳥 ☆雌雄ほぼ同色

冬鳥の中で一番遅くまで留まるのがシロハラでしょう。ゴールデンウィーク前後まで見られるはずです。

撮影日:2019年4月1日
撮影日:2019年4月4日
撮影日:2019年4月5日

シロハラをさらに知る・見る・楽しむ

シロハラの写真集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

ジョウビタキ ◎全長14cm ☆冬鳥 ☆雌雄異色

まだジョウビタキがいて驚きました。昨年は3月26日が最後の観察でした。

撮影日:2019年4月3日

ジョウビタキをさらに知る・見る・楽しむ

ジョウビタキに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

ツグミ ◎全長15cm ☆冬鳥 ☆雌雄ほぼ同色

撮影日:2019年4月3日
撮影日:2019年4月4日

ツグミをさらに知る・見る・楽しむ

ツグミに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

メジロ  ◎全長12cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄ほぼ同色

撮影日:2019年4月3日
保護色?

メジロをさらに知る・見る・楽しむ

メジロの写真集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

ヤマガラ ◎全長14cm ☆留鳥・漂鳥 ☆雌雄同色

この時期だからこそ撮影したい「野鳥と花」です。ソメイヨシノにヤマガラが来てくれました。

撮影日:2019年4月3日
撮影日:2019年4月3日
撮影日:2019年4月3日
撮影日:2019年4月3日

ヤマガラをさらに知る・見る・楽しむ

ヤマガラに関する詳細なバードウォッチング情報や写真集および壁紙集は、本ブログの母体サイトである『野鳥の写真館』でご覧いただけます。

あとがき:今週を振り返って

今週は3分の1ほどの時間とエネルギーをカワセミの観察と撮影に注ぎ込みました。

昨季は、カワセミが池からいなくなってしまって半年ほど観察の機会すらありませんでした。

繁殖期にカワセミの観察をできるのはラッキーだと思います。

それと同時に、「花と野鳥」も可能な限り狙いましたが、満足できる写真はほとんど撮れませんでした。

また1週間ほどはチャンスがあると思いますので来週に期待したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする