公園の野鳥観察日誌

この日誌では、愛媛県新居浜市の滝の宮公園での探鳥ウォーキングにおいて、その日撮影できた野鳥だけでなく目視で確認できた野鳥および鳴き声から同定できた野鳥をすべて、そして状況に応じて残しておいた方が良いと思われる情報も備忘録として記載します。

※記録から除外する野鳥:ヒヨドリ、スズメ、ツバメ、ハクセキレイ、カラス

※「留鳥・漂鳥」の場合は、フィールドでの状況に合わせてどちらかを選択しています。

スポンサーリンク

2020年の撮影&観察日誌

1月のバードウォッチング日誌

1月20日

◎今日はジョウビタキの雌の方が近くに来てくれました。スマホで動画も撮れました。
◎数カ所でルリビタキの鳴き声を聞きましたが、姿ははっきりとは確認できませんでした。

  • 留鳥⇨ウグイス、コゲラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨アオジ、モズ、ルリビタキ
  • 冬鳥⇨シロハラ、ジョウビタキ
  • 大池の水鳥⇨ カモ類は300羽前後のままです。

1月18日

◎カモ類を数えてくれた人がいました。300越えだそうです。過去4年間で最大数です。
◎クロジを見たような気がするのですが、距離があったので確信はありません。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨アオジ、ルリビタキ
  • 冬鳥⇨シロハラ、ジョウビタキ
  • 大池の水鳥⇨ あまりにもたくさんいますが、ホシハジロの中に1羽だけいるはずのアカハジロを見つけるのが楽しみになっています。

1月16日

◎今日は珍しくジョウビタキの雌にも3羽会えました。

  • 留鳥⇨エナガ、コゲラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨アオジ、ルリビタキ
  • 冬鳥⇨シロハラ、ジョウビタキ
  • 大池の水鳥⇨ 150羽まで数えましたが、多すぎて途中で断念しました。200羽以上いるのではないでしょうか。どなたか数えて教えて下さい。

1月13日

◎今季はジョウビタキが多いと思いますが、雌雄ではオスの方が圧倒しています。
◎水鳥は200羽近くに増えているように思うのですが、どなたか数えた方は教えてほしいですね。

  • 留鳥⇨カワセミ、メジロ、ヤマガラ
  • 冬鳥⇨シロハラ、ジョウビタキ
  • 大池の水鳥⇨ 多すぎて目視では数えきれませんが、200羽ほどいるように見えました。

1月10日

◎ジョウビタキのオスをスマホで近接動画撮影できました。
◎ルリビタキを3箇所で見かけました。

  • 留鳥⇨ウグイス、 カワセミ、シジュウカラ、 メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨ルリビタキ(♂+♀+?)
  • 冬鳥⇨シロハラ、ジョウビタキ
  • 大池の水鳥⇨ 数えていませんが、カモ類は150~160羽前後いるように見えました。
ジョウビタキ(♂)

1月1日

◎池の周囲の散歩だけですが、ジョウビタキのオスをスマホで動画撮影できました。
◎ゴイサギは最近お気に入りのいつもの場所にいました。だいたいいつも寝ています。

  • 留鳥⇨ウグイス、 カワセミ、シジュウカラ、 メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨アオジ、カワラヒワ、モズ(♂)、ルリビタキ
  • 冬鳥⇨シロハラ、ジョウビタキ
  • 大池の水鳥⇨ カモ類が160羽前後いたはずなのですが、今日は少し減って130羽ほどでした。

あとがき

ここには、野鳥撮影に出かけた際の記録(出会った野鳥の種や気になったこと)を簡単に書き留めています。

「今日の野鳥」シリーズで探鳥に出かけた際に出会った野鳥をミニ写真集にしていますが、毎回記事にして投稿できる訳ではありません。

撮影した写真を整理し、ミニ写真集に掲載する写真を選び出し、現像し、記事に仕上げるには何時間も要するからです。

また、出会った野鳥をすべて撮影できる訳でもありません。

この状況では、記録から漏れる野鳥も出てきてしまうので、留鳥以外の漂鳥や夏鳥や冬鳥の移動時期などの詳細が記録に残らなくなります。

それをカバーするために、この「バードウォッチング日誌」を書くことにしました。

タイトルとURLをコピーしました