バードウォッチング日誌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この日誌では、愛媛県新居浜市の滝の宮公園での探鳥ウォーキングにおいて、その日撮影できた野鳥だけでなく目視で確認できた野鳥および鳴き声から同定できた野鳥をすべて、そして状況に応じて残しておいた方が良いと思われる情報も備忘録として記載します。

※記録から除外する野鳥:ヒヨドリ、スズメ、ツバメ、ハクセキレイ、カラス

※「留鳥・漂鳥」の場合は、フィールドでの状況に合わせてどちらかを選択しています。

2019年の撮影&観察日誌

1月のバードウォッチング日誌

1月13日

◎もうエナガの巣作りが始まったようです。数日前は蜘蛛の巣を、今日は苔を加えていました。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、カワセミ(♂)、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♂と♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨150羽以上を確認

1月22日

◎今日の探鳥コースはとても静かで、例えばアオジが姿を現さないだけでなく鳴き声も聞こえてきませんでした。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、メジロ
  • 漂鳥⇨モズ(♀)、ルリビタキ
  • 冬鳥⇨ジョウビタキ(♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨150羽以上を確認

1月21日

◎思いがけないポイントでルリビタキの鳴き声を聞きましたが、ジョウビタキに邪魔をされて撮影できませんでした。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、コゲラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨モズ(♂と♀)、ルリビタキ
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♂と♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨150羽以上を確認

1月19日

◎快晴の陽気に誘われたのかウグイスが何度も姿を見せてくれました。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨モズ(♂と♀)、ルリビタキ(♂)
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨150羽以上を確認

1月18日

◎今日は時間がなかったので池の周りだけの短い探鳥散策でした。

◎今日も好天だったのでウグイスが姿を現してくれました。

  • 留鳥⇨ウグイス、メジロ
  • 漂鳥⇨モズ(♀)
  • 冬鳥⇨アオジ、シロハラ
  • 水鳥⇨150羽以上を確認

1月17日

◎今日のフィールドはとても静かで、ヒヨドリの鳴き声さえもほとんど聞こえませんでした。

◎今日も好天に誘われてウグイスが期待通りに姿を現してくれました。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、カワセミ(♂)、コゲラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨モズ(♂)
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨150羽以上を確認

1月14日

◎ルリビタキの地鳴きが聞こえたかと思うとジョウビタキがスクランブルをかけました。縄張り意識が強いですね。

◎好天に誘われ、ウグイスが期待通りに姿を現してくれました。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨カワラヒワ、モズ(♀)、ルリビタキ
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♂と♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨150羽以上を確認

1月13日

◎何かに襲われたらしくケガをしたシロハラに出会いました。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨カワラヒワ
  • 冬鳥⇨アオジ、シロハラ
  • 水鳥⇨150羽以上を確認

1月11日

◎同じポイントでルリビタキのオスとメスに出会いました。

◎姿だけはよく見かけていたシロハラをようやく撮影できました。

  • 留鳥⇨ウグイス、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨モズ(♂)、ルリビタキ(♂と♀)
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♂と♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨120羽以上を確認

1月9日

◎小規模ながら珍しくシジュウカラの10羽程度の群れに遭遇しました。後からおよそ同数のエナガと数羽のヤマガラも加わり混群となりました。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♀)、シロハラ、リュウキュウサンショウクイ
  • 水鳥⇨前日と大きな変化無し

1月8日

◎公園内のあるポイントにルリビタキが少なくとも3羽いることを鳴き声から確認しました。(同時に鳴いてくれると個体数がハッキリします。)

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、コゲラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨モズ(♂)
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨ホシハジロを中心にアカハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリなど、計100羽以上いることを確認

1月7日

◎久しぶりにルリビタキに出会いました。今季は明らかに個体数が少ないように思われます。

◎エナガにはよく出会いましたが、樹の高いところで移動することが多く、主に観察だけ楽しみました。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨ルリビタキ(♂)
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♀)、シロハラ、リュウキュウサンショウクイ
  • 水鳥⇨ホシハジロを中心にアカハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリなど、約90羽

1月6日

◎ルリビタキの個体数が明らかに少ないように感じます。出会いがほとんどありません。

◎年末から見えなくなっていたアカハジロが戻ってきていました。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、コゲラ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨カワラヒワ
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♂と♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨ホシハジロを中心にアカハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリなど、約80羽

1月5日

天気予報に反して雨が降りそうな空模様だったのでカメラを持たずにウォーキングだけしてきました。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、メジロ
  • 漂鳥⇨カワラヒワ
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨ホシハジロを中心にマガモ、カルガモ、バン、カイツブリなど、約80羽

1月4日

水鳥が1.5倍以上に増えていることに驚きました。市内の数キロ離れたところにある溜め池の水を工事のために抜いた影響だそうです。

  • 留鳥⇨ウグイス、エナガ、メジロ、ヤマガラ
  • 漂鳥⇨カワラヒワ、モズ(♀)、ルリビタキ
  • 冬鳥⇨アオジ、ジョウビタキ(♂♀)、シロハラ
  • 水鳥⇨ホシハジロを中心に約80羽

あとがき

ここには、野鳥撮影に出かけた際の記録(出会った野鳥の種や気になったこと)を簡単に書き留めています。

「今日の野鳥」シリーズで探鳥に出かけた際に出会った野鳥をミニ写真集にしていますが、毎回記事にして投稿できる訳ではありません。

撮影した写真を整理し、ミニ写真集に掲載する写真を選び出し、現像し、記事に仕上げるには何時間も要するからです。

また、出会った野鳥をすべて撮影できる訳でもありません。

この状況では、記録から漏れる野鳥も出てきてしまうので、留鳥以外の漂鳥や夏鳥や冬鳥の移動時期などの詳細が記録に残らなくなります。

それをカバーするために、この「バードウォッチング日誌」を書くことにしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする