シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛らしい野鳥が主人公のカレンダー壁紙(2017年8月)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当フォトブログ「野鳥の写真館”一期一会”」では、市内の公園や山のフィールドで見られる可愛らしい小鳥の写真をモチーフにした2017年8月のカレンダー壁紙(2ヶ月タイプ)を制作しダウンロードできるように掲載いたしました。

サイズはアスペクト比[16:9]の【1920×1080】ピクセルで作っていますが、同じアスペクト比の【1600×900】サイズと【1366×768】サイズにも”縮小表示”させてご利用いただけます。

無料ですので、お気に入りの一枚がございましたら、ダウンロードしてデスクトップ上でしばらくの間でもぜひ愛でてやってください。


素材になる野鳥写真は、今季の新作に限定して制作しています。

具体的には、8月のカレンダー壁紙は本年7月に撮影した新作から精選して制作しています。

2017年8月の野鳥のカレンダー壁紙の紹介

繁殖の時期なので必然的に給餌風景や幼鳥の写真が多くなります。頼りなさそうないかにも幼い感じの表情にきっと胸キュンになることでしょう。

サンプル画像をクリックすると、原寸大に表示されます。(しかしながら、ほとんどのブラウザでは、そのままでは「右クリックから保存」は選択できないと思います。)

保存をするにはテキストの「Download」から行ってください。

No.1 カワラヒワ

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.2 ウグイス

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.3 カワセミ(♀)

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.4 エナガの幼鳥

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.5 コサメビタキの幼鳥

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.6 シジュウカラの幼鳥とメジロ

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.7 カワセミの飛翔

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.8 ヤマガラ

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.9 カワセミの飛翔

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.10 カワセミの飛翔

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.11 カワセミの飛翔

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.12 カワセミのダイブシーン

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.13 カワセミのダイブ後の飛び出しシーン

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.14 カワセミの飛翔

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.15 カワセミのダイブ後の飛び出しシーン

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.16 カワセミの幼鳥(♀)

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.17 カワセミの飛翔姿(流線型)

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.18 カワセミの飛翔

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.19 カワセミの飛翔

★ダウンロードするには「Download」をクリック

No.20 カワセミの飛翔

★ダウンロードするには「Download」をクリック

野鳥写真を”壁紙”で観賞する方法を推薦する理由

じっくりと野鳥を観賞するには、一般的なデジタル写真集ではなくデスクトップ壁紙の方が適していると考えています。

理由は下記の通りです。

1.一般的なデジタル「写真集」では、どうしても観賞サイズが小さくなってしまいます。

2.代わりに、モニターの壁紙に設定することで等倍観賞が可能になります。

細かな羽根の模様や並び方、体色の色合いやグラデーションはもちろんのこと、アップで撮影できたときは野鳥の瞳に映っている景色まで分かることがあります。

最近は高解像度のモニターを利用されている人が増えていると思いますが、私が利用している主モニターの解像度は【2560×1440】で、副モニターは【1920×1200】です。

このくらいの解像度になると、野鳥のアップの写真を鑑賞すると「自然の造形美」に感動することもしばしばです。

このような感動を共有していただきたく、「野鳥の壁紙館」では最高で【2560×1440】サイズまで掲載しています。

お気に入りの野鳥写真が見つかりましたら、ぜひダウンロードしてモニター上に壁紙として設定して愛でてやってください。

このような鑑賞方法を考慮して、写真集代わりに壁紙作品で提供させていただいております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Aoarashi より:

    猛暑の中でも野鳥の観察をされているのですね。「はまっている」状態で上々だと思います。(^^)

    アオサギなどの水鳥は時々ダイナミックな飛翔姿が見られるので観察対象として面白いでしょうね。

    私のフィールドでは、7月になってからほとんど野鳥が姿を現してくれません。どこか林の涼しいところにいるのでしょうね。一回もシャッターを切らずに帰ってくることが続いて最近では撮影機材を持たずにウォーキングだけしています。駐車場に戻ってから機材を持ってカワセミだけ撮影に行っています。

    7月はちょうどカワセミが巣の中にいるヒナに給餌をしていましたので撮影機会に恵まれました。

  2. 西倉美紗子 より:

    今年の夏は「スーパー猛暑」との前触れでしたが、正にこの所の暑さは凌ぎ難き暑さで、
    少々バテ気味です。
    とは言っても、鳥への執着は未だ衰えて無く、2日は駅北の「未来公園」、今日4日は「溜川公園」のウオッチングに参加して来ました。
    2日はスズメ、キジバト、ハクセキレイ、ハシブトガラス、トビといった程度、今日は水辺の公園なのでダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、カイツブリ、ミサゴ゛といった具合で、余り変わり映えしませんが、スズメの幼鳥のしぐさが可愛かったり、サギ類がじっーと水辺で辛抱強く餌を狙ってる姿等、こちらも辛抱強く観察するいいチャンスです。